フォールディングカヤックのメンテ

まだ、使い始めて1年半ですが、愛艇フジタカヌー アルピナ2 430EXも船体布の底の傷が気になり始めました。メンテしたいものの、自宅でカヤックを組み立て接着材等が乾くまで置いておく場所が無いので、毎年参加している、キャンプ仲間の焚火オフでかわせみ河原へ行ったのでその際メンテしてきました。

かわせみ河原

かわせみ河原

スポンサーリンク

メンテ内容

ショップの社長に教えて貰った、「接着材:スーパーX(できれば黒)を薄く塗る」を実行しました。

かわせみ河原

ブルーシート上でメンテ

接着剤塗布前は、セオリー通り、無水エタノールでクリーニングし、塗布しました。

船体布メンテ

船体布メンテ

あとは、フレームのジョイント部分に軽くCRC556を塗布してふき取り程度です。

スーパーX

セメダインのスーパーXという接着材は、開発された当初、驚異的と言われた接着剤です。何故かと言うと、比較的何にでも接着力があり、固まっても柔らかく、柔らかいので衝撃に強く、溶剤も使っていないと、非常に使い易く利点の多い接着材です。
今回使った物は、下記写真の10年選手の接着材なのですが、長持ちさせるコツは、使った後、口を無水エタノール浸したティシュで綺麗にふき取り、キャップ側も詰まっていたら、細いピンセットで綺麗にしてから、しっかり締めると長持ちします。

スーパーX

スーパーX

無水エタノール

余談ですが、無水エタノールは、無水なので、錆びず、それ程プラスチックなどを傷めない(アタック性が弱いと言う)ので、一家に一本お勧めです。

無水エタノール

無水エタノール

焚火オフ

焚火オフの様子は、キャンプ関連のブログを見てください
http://bloghhmc.diy39.com/kawasemi-takibi2016/
20161210_175548_e-m5

シェアする

フォローする

スポンサーリンク